読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知っておくと役に立つちょっとした医学

生命を助けるための応急処置や病気・症状等の知識を掲載していきます。

大出血の救急手当

人が交通事故にあって出血をみたら、慌てないことが大切です。通常の人は、出血を見慣れていないので、出血量を過大に考えてしまいます。まず、落ち着いて正確な止血をし、出血を最小限にくい止めてください。出血がひどいときは、寝かせて脚を少し高くします。抱きかかえたりして頭を上げると脳への血流が減り、ショックをおこすことがあります。止血は、圧迫法が一番簡単で確実だと思います。患部に清潔なガーゼを止血部に当てて、思いきり圧迫します。これだけでほとんどの場合は止血できます。出血がいくつもあったり傷が大きすぎて押さえきれないときは、出血部より心臓に近いところの動脈を骨に垂直に押しつけるようにして圧迫します。