読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知っておくと役に立つちょっとした医学

生命を助けるための応急処置や病気・症状等の知識を掲載していきます。

分娩について

妊娠中に子宮内で成長してきた胎児は時期がくれば娩出力という強い力が子宮に働いて外界に押し出されてきます。これを分娩といいます。分娩の予想があれば便利ですが、これを見極めるのは難しく分娩の予定日しかわからないのでお医者様から言われた予定日も単なる目安にしてください。お産は出血か陣痛ではじまるのがふつうです。陣痛がくると下腹部の痛みやはりを感じます。陣痛が10~15分ごとに規則正しくくれば分娩が開始したと思ってください。破水や大出血などの腹痛でお産がはじまるのは異常と思ってください。破水は子宮口が約10cm開いた時、卵膜が破れて中にある羊水がでるのをいいます。大出血などの陣痛ではじまるものは、前置胎盤、常位胎盤早期剥離、子宮破裂など即入院を必要とするので注意してください。