読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知っておくと役に立つちょっとした医学

生命を助けるための応急処置や病気・症状等の知識を掲載していきます。

乳汁分泌

妊娠中は乳房がよく発育しますが、乳汁の分泌はみられず、分娩後になってはじまります。これは、胎盤とそのホルモンにあります。妊娠中は、下垂体前葉にある催乳ホルモンは、胎盤から出る卵胞ホルモンによって抑制されていますが、胎盤娩出後は、卵胞ホルモンの急減にともない、催乳ホルモンが活動を開始し、乳汁分泌がはじまります。この乳汁分泌には甲状腺ホルモンや、副腎皮質ホルモンも関係していますので、これらのホルモンの影響力も無視できません。また、乳汁分泌には、児の吸引刺激、母体の精神的状態なども関与しますので、誰でも充分な量の乳汁分泌があるとは限りません。