読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知っておくと役に立つちょっとした医学

生命を助けるための応急処置や病気・症状等の知識を掲載していきます。

更年期障害について

これは、卵巣が老化して卵巣の働きが十分でなくなると月経は不順がちになり、やがて閉止します。これが更年期で、ちょうど成熟期から老年期への過渡期に相当して誰もが通らなければならない定めとなっております。性ホルモンは自律神経と密接な関係があります。このため更年期になってホルモンのバランスがくずれると、自律神経にも失調をきたし症状がでてくるようになります。こうなってくると更年期障害がでてきて症状の範囲が広く頭のてっぺんから足の先にまでおよびます。肩がこる・頭が痛い・額がほてる・血圧が上がる・むくむ・足が痛いなどの症状がでてきます。