読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知っておくと役に立つちょっとした医学

生命を助けるための応急処置や病気・症状等の知識を掲載していきます。

育児はあなたの大切な赤ちゃんなのです

団地などに生活していると、同じ年頃の子供がいます。それでよその子と自分の子を比較してしまうことは珍しくありません。お母さん同士で公園などで話をしても、「うちの赤ちゃんは、もう離乳食を食べ始めたとか」「ひとりで歩き出した」とかの話にもなった…

交通事故

歩行者が車にはねられたり、ひかれたりすれば大怪我することは当然ですが、運転者や同乗者が、重大な障害をうけることが多くなってきたように思えます。このとき、恐ろしいのが頭部の外傷です。意識障害がおこったかどうか、またそれがどのくらい続いていた…

肺胞微石症

肺胞微石症は、ほとんど肺全体の肺胞内に、カルシウム、燐を主成分とする微細な結石を形成するまれな病気になっております。病院にいって胸部X線をとると、肺全体に砂をまいたような状態になっているのを確認できます。これは、X線像の所見のわりに症状がき…

育児はお母さんの知恵

赤ちゃんが生まれたらどうしたらよいのかと、誰でも心配するものです。母乳はでるだろうか、上手に飲ますことができるだろうか、お風呂にはどう入れればよいのだろうかなどと気になることがいろいろとあると思います。そして、赤ちゃんが生まれると、育児書…

背骨のけが

背骨の骨折は、手足の骨折とちがって、骨が押しつぶされたような形になります。背中を打ったときや、交通事故などでおこります。背骨はからだをささえる柱としての機能のほか、脊髄神経という手足の運動や感覚をつかさどる神経や、排尿・排便の機能を制御す…

肺胞たんぱく症

これは肺胞に、脂質にとんだたんぱく様の物質がたまる、きわめてまれな病気になります。世界でもあんまりなく、日本でもすくないです。胸部X線写真では、両側肺に肺門部から蝶形にひろがるびまん性のやわらかな影をみとめます。症状は、進行性の呼吸困難で、…

不妊症と人工授精

結婚して数年たっても妊娠しないのを不妊症といいます。不妊の原因は、夫婦いずれにあるはずです。女性側の原因としては、排卵障害と卵管閉鎖があります。排卵障害は婦人体温計で容易に知ることができます。排卵期を境にして体温が高低二相にわかれていれば…

腹部の大けが

鉄砲・ナイフ・ガラスなどによる出血をみる開放性損傷と、打撲、衝突、爆風などによる血をみない挫傷とがあります。腹部の大けがは、素人の応急処置の範囲を超えたものと考え、速やかに病院へ移送します。そのときに、傷をうけたときの状況を詳しくつたえる…

肺水腫

肺循環系のうっ血が高度のため、水分が肺胞や肺間質に漏れた状態をいいます。この状態は、僧帽弁狭窄、大動脈弁閉鎖不全、高血圧性心臓病などで、左室の機能が低下した場合におこりやすいものです。この症状は、呼吸困難、喘鳴、起坐呼吸、チアノーゼの怒張…

人工中絶

結核や心臓病などを合併した妊婦で、なりゆきによっては、生命に危険がおよび、妊娠を継続することがむりな場合があります。このような母体を保護するために、優生保護法が制定され、人工中絶が合法的に行われています。優生保護法によれば、精神病や遺伝疾…

胸の大けが

交通事故、高い場所からの転落、重い物の下敷きになっていたりしたときは、肋骨の骨折がよくおこります。 呼吸をして胸の痛みが強くなるときは、骨折の疑いがあります。胸痛のため呼吸は浅く、速くなります。上半身を高くして寝かせてあげます。また、サラシ…

肺血栓・肺塞栓症

これは、何かの原因で、血液が血管の中で固まると血管はつまってしまいます。このことを血栓といいます。外傷をうけて破れた血管から空気がはいったり、ある臓器のがんでがん細胞が血液中に流れ出たり、ある場所にできた血栓がはがれて肺循環系に流入し、肺…

乳汁分泌不全

母乳の出をよくするためには、睡眠や休養を充分にとり、食事に注意することが大切です。カロリーは普段の1倍半は必要です。良質の栄養をバランス良くとるのがよいです。赤ちゃんに乳首を吸わせることが刺激になって、下垂体後葉からホルモンが分泌され、そ…

顔の怪我

顔に怪我をすると、初期治療が適切にされないと、目・鼻・耳・口などの機能が損なわれるだけでなく、日常の生活を営むうえで大きなハンディキャップになります。顔に大きな怪我をしている場合は、全身状態も速やかに判断することが大切ですが、気道の確保と…

無気肺

これは、外科手術後に、たんがうまく吐き出せないとき、異物を気道に吸い込んだとき、肺門部の腫瘍やリンパ節が気道を圧迫したとき、または、気管支粘膜が炎症をおこしてはれあがったときなど、気管支が閉じて空気が肺へ流出しないと無気肺がおこります。こ…

産後の注意

お産にかかったかなりの時間で、心身ともにぐったりと疲れていますので、お産の後は、疲労回復にはぐっすり眠ることが大事です。しかし、安静にしすぎてて、いつまでも寝たままでは、かえって回復が遅れてしまい、食欲もでてきませんので、ゆっくりでいいの…

頭に怪我して意識がないとき

傷の部分に清潔なタオルを当て、軽く縛って救急車を呼びます。頭を打った直後、数分間意識を失い、すぐに回復するのは脳振盪といって、あまり心配はないです。意識がいったん回復したのち、頭痛がおこり、やがて意識がおかしくなり、吐いたりするときは、内…

非定型抗酸菌症

結核菌に似た、非定型抗酸菌という菌でおこる病気です。これはおもに肺がおかされますが、髄膜、リンパ節、皮膚などもまれに病変をおこします。たんその他の材料を培養し、生えてきた抗酸菌を調べないと発見できません。症状は結核とよく似ております。毒力…

産後の発熱

産後に多いのが発熱があります。産後3~4日してから微熱がでるのは、ほとんどは乳線がはれたり、軽い膀胱炎や尿道炎のためで心配はいりません。でも、38度以上も熱があるようなら、注意してください。乳腺炎や腎盂腎炎、あるいは子宮にばい菌が感染した…

頭が怪我して出血している

人間の頭皮には血管の網のようなもので、しかもすぐ下に硬い頭蓋骨があるので、頭をぶつけると簡単に避けてしまい、ひどい出血をおこします。あわてずに清潔な布を当て、圧迫止血して、外科か脳神経外科にいって傷の処置を受けます。赤ちゃんと幼児では、出…

肺サルコイドーシス

サルコイドーシスは、粟粒大ぐらいの淡紅色の結節がたくさんできる病気で肺やリンパ節のほか、皮膚、目、のど、耳下腺、肝臓、脾臓などをおかす原因不明の全身病です。しかし、肺に病変が現れる頻度が高く、胸部X線写真での異常影として発見される場合が多い…

乳汁分泌

妊娠中は乳房がよく発育しますが、乳汁の分泌はみられず、分娩後になってはじまります。これは、胎盤とそのホルモンにあります。妊娠中は、下垂体前葉にある催乳ホルモンは、胎盤から出る卵胞ホルモンによって抑制されていますが、胎盤娩出後は、卵胞ホルモ…

意識がはっきりしていて外傷がないとき

赤ちゃんや幼児の場合、顔色が悪くなり、眠気がさして眠り込んだりすることがあります。眠りから覚めて吐いたり、水を飲んだり、食事をしたあとで吐く場合もありますが、いずれもしばらくすると元気になります。大人でも頭を打ったあとで真っ青になり、吐き…

肺真菌症

これは、カンジダ・スペルギルスなどのカビの増殖によっておこる病気です。このカビは、人体の中に常在しているものなので、ふつうはカビに対する免疫があるのですが、多数増殖すると肺真菌症をおこします。体の抵抗力が低下しても発病します。ほかの病気で…

子宮復古

産後は母体の復旧修理作業と同時に、母乳の分泌という作業が行われます。普及作業のとくにめだつのは子宮で、お産の直後は人の頭ほどあったものが、1週間でこぶしより小さくなってしまいます。お産した日か翌日に陣痛のような痛みがあるのは、子宮が収縮し…

意識を失ったとき

意識を失うと舌根がのどの奥に落ち込んだり、吐物がつまったりして気道をふさぎ、窒息する危険があります。まず、気道の確保を優先し、呼吸が止まっていたら人工呼吸を、出血があれば止めます。衣服をゆるめ、昏睡体位にし、毛布やコートなどを掛けて救急車…

肺化膿症

細菌感染によって肺に化膿性の炎症をおこし、肺組織の欠損をともなう病気です。この病気になると、寒気やふるえとともに高熱がでて、褐色の汚いたんがでてくるようになります。X線写真で空洞をみとめますが、結核の場合と違って空洞壁は厚く、その周囲に浸潤…

産後の経過の状態

お産は1週間もすれば、外見は普通の人と変わらなくなります。お産で何倍にも伸びた子宮の筋肉や傷ついた産道は、1週間の入院生活をおくれば元に戻りますが、妊娠前の状態になるには、だいたい8週間くらいはかかると思ってください。無理せず、時間をかけ…

ショックの予防・処置

人間が外傷をうけたとき、ショック状態になることがあります。出血や激しい痛みなどで急に循環不全がおこり、血管を流れる血液の量が減るためです。ショックを起こすと顔面蒼白となって倒れ、ひたいに冷や汗をかき、息もあえぐような呼吸になり、脈もよわよ…

びまん性間質性肺炎

肺胞をつつむ線維で、結合織とよばれる部分が異常に増加した状態です。古いゴム風船が弾力性を失って硬くなり、伸びにくくなった状態です。肺胞毛細管膜も厚くなるため、酸素の通過がうまくいかなくなり肺胞と肺毛細血管の間のガス交換が行われにくくなりま…

無痛分娩

分娩の推進力となっている陣痛のため、お産にはこれにともなう痛みがつきものです。この痛みを少しでもやわらげ、痛みを軽くしたいのは女性の夢でもあります。この痛みを取り除き、楽にお産をするのが無痛分娩です。これには、薬を用いるものと、心理効果を…

大出血の救急手当

人が交通事故にあって出血をみたら、慌てないことが大切です。通常の人は、出血を見慣れていないので、出血量を過大に考えてしまいます。まず、落ち着いて正確な止血をし、出血を最小限にくい止めてください。出血がひどいときは、寝かせて脚を少し高くしま…

塵肺

塵肺は、職場で粉麈を吸引することによって発生する肺のびまん性の綿維化です。肺の綿維組織がふえて肺が硬くなり、肺の伸展性が障害されます。このために肺胞への空気の出入りが悪くなり息切れがおこります。麈肺は吸引する粉麈の種類により重症度に差がで…

帝王切開

帝王切開とは子宮を切開して、胎児を人為的に娩出させる方法です。あと少しの辛抱でお産がすむというのに、痛いから帝王切開をとせがむ産婦がいますが、帝王切開はあくまでも邪道ということを知っておいてください。一度帝王切開すれば、次回もおそらく帝王…

異物による窒息

異物で気道がふさがれると、唇や顔色が真っ青になり、ほうっておくと窒息死します。気道の一部がふさがれたときは、せきと一緒に吐き出されることがありますが、出ない時にせきこんだり、呼吸のたびにゴロゴロさせます。異物が気道の入り口にある時は、片手…

肺嚢胞症

肺胞が異常にふくれて嚢胞をつくった状態です。肺嚢胞の多くは先天性のもので、肺胞の内圧が高いため円形にふくれてみえます。小さな肺嚢胞は自覚症状がありません。偶然にX線撮影をしたときにみつけられます。嚢胞が大きい時は、周囲の肺胞や気管支を圧迫し…

お産の準備

安産するためには、妊娠中から万全の準備が必要です。お産の準備には物質的な面もそうですが、精神的な面の準備も忘れないでください。分娩にたいする不安や恐怖をなくすために妊娠中に分娩に関する正しい知識を習得し不安感をもたないようにいたしましょう…

乳幼児がのどをつまらせたとき

ピーナッツ、おもちゃ、ヘアピンなどを口の中にいれて転んだり、驚いたり、急に泣いたりするときによく誤飲します。飲み込んだ直後に激しくせきこみ顔や手足が青くなりゼーゼーしている時は気道に異物が入っております。こんなとき慌ててのどに指をつっこみ…

肺気腫

これは、肺がふくらんで肺内の空気量が増加した状態をいいます。肺が弾力性を失って、古いゴム風船が伸びっぱなしになったような感じです。この状態になると呼吸困難、息切れをおこし、慢性気管支炎や気管支ぜんそくになったりします。肺は年齢とともに老化…

分娩について

妊娠中に子宮内で成長してきた胎児は時期がくれば娩出力という強い力が子宮に働いて外界に押し出されてきます。これを分娩といいます。分娩の予想があれば便利ですが、これを見極めるのは難しく分娩の予定日しかわからないのでお医者様から言われた予定日も…

水に溺れたとき

水に溺れた時は、川や海から引きあげたら、すぐに人工呼吸をはじめます。このときあせって助けを呼びに行ったり水をはかせようとして時間を無駄にしないでください。人工呼吸は溺れた人が規則正しい呼吸をするまで行ってください。他の人が救急車を呼びに行…

肺結核

肺結核は昔は、日本の国民病といわれてきて死亡率も1位でした。しかし長年の研究で結核対策のレールが敷かれ多くの抗結核剤ができるようになり大幅に減りました。今では、結核は早く発見できれば怖くない病気となりました。定期健診をしっかりと受けていれば…

妊娠

妊娠は、女性の卵子が男性の精子と卵管で受精することから始まります。受精した卵子は卵管から子宮にむかって移動し、子宮の内膜につき、ここで赤ちゃんにまで成長します。月経の遅れとつわりの症状は妊娠の最初の知らせで、乳房の変化もこのころ現われてき…

心臓マッサージのやりかた

心臓マッサージのやりかたを説明ますので参考にしてください。 1)硬い場所にあおむけに寝かせて救助者は横に位置します。 2)胸骨下半部に片方のてのひらを正しく置き、もう一方のてのひらを重ねておき、肘をのばして上半身の体重をかけるようにして胸骨…

細菌性肺炎

これは病原性細菌によっておこる病気で、昔は頻度の高い病気でした。今は、抗生物質の進歩のおかげで扱いやすい病気になりました。しかし、耐性菌の発現・菌交代現象・老人の肺炎など病気の臨床像もかわり問題点もかなりあります。この病気での死亡率は昭和…

更年期障害について

これは、卵巣が老化して卵巣の働きが十分でなくなると月経は不順がちになり、やがて閉止します。これが更年期で、ちょうど成熟期から老年期への過渡期に相当して誰もが通らなければならない定めとなっております。性ホルモンは自律神経と密接な関係がありま…

心臓マッサージ

心臓マッサージは、心臓が停止したと判断したら直ちに行います。心臓が止まると頸動脈の拍動が触れなくなります。意識を失って呼吸がもどらないときは、瞳孔は開き皮膚は紫色になります。最初に前胸部叩打法を行いましょう。胸骨の下半分を握り拳の小指側で1…

インフルエンザ

インフルエンザウイルスの感染でおこる急性上気道炎で、カゼの中でいちばんの大物です。これにかかると、発熱・筋肉痛・関節痛などが発生して、かかったことのある人ならわかるはずです。症状としては、突然に寒気をともなって発熱し、1~2日で40度くら…

排卵について

月経は、卵巣ホルモンの命令をうけて変化した子宮内膜の表層部がはがれおちることをいいます。月経は、卵巣ホルモンの支配下にあるので卵巣ホルモンも間脳一垂体系から命令をうけるので月経はコントロールされることになります。知識を教えますが、卵巣の表…

人工呼吸

気道を確保しても呼吸が弱いか呼吸が無い場合は、直ちに人口呼吸をします。人工呼吸の仕方については、まず、気道を確保したまま、自分の口を大きく開けて深く息を吸って、そのまま患者の口にぴったりかぶせ、鼻をつまんで吹き込んだ息のもれるのを防ぎ、患…