知っておくと役に立つちょっとした医学

生命を助けるための応急処置や病気・症状等の知識を掲載していきます。

やけど

火、熱湯や蒸気、化学薬品、感電などで、やけどはおこります。皮膚がひりひりして赤くなる程度のものから、水泡ができて痛んだり、皮膚が白っぽくなり痛みをほとんど感じないものまで、さまざまです。原因は熱なのですから、とにかくすぐに水で冷しましょう。軽い火傷の場合は、すぐに流水で十分に冷します。衣類や髪に火がついたときは、敷物や毛布など厚い織物でくるんで、火を消し、衣類の上から冷水で冷します。広い範囲にやけどをしたときは、衣類はむりやりに脱がさず服の上や間に水を注ぎ冷します。このように、火傷をしたときは、すぐに冷しましょう。

気管支炎

気管支炎には、急性気管支炎と慢性気管支炎がありますが、この2つの病気はまったく違う病気です。

●急性気管支炎:ウイルスや細菌の感染、または、粉麈や刺激性ガスの吸引でおこる気管支の急性炎症で、かぜやインフルエンザのときに併発しやすい病気です。かぜをひいて2~3日たっても熱が下がらず、せき、たんが続くときは、急性気管支炎を併発したと考えて間違いありません。このたんは、はじめは白くねばっこいもので、ひどくなると黄色の膿性たんとなってきます。

 

●慢性気管支炎:気管支への刺激が長期に、または、繰り返し起こったとき、多くは急性の症状がないまま発症します。この病気の大きな原因は、たばこになります。気管支粘膜の分泌過剰、気道の感染、気道の閉塞の三つが特徴で、最初は、長い日をかけて徐々に進展していきます。しかし、かぜ、急性気管支炎などを引き金として急に発症したようになることがあります。たばこを吸ったり、冷たい空気を吸うとせきこみます。この時の、たんは濃厚なゼラチン状だったり黄色のたんだったりします。たんが出にくくなってくるので、がんこなせきをするようになってきます。気道の炎症にたんがからまって気道閉塞がおこり、ぜーぜー、ひゅーひゅーと苦しくなってきます。これは気道が狭くなって空気がうまく流れなくなるためです。

育児は平均値ではない

赤ちゃんのときは、まず体重が気になります。発育値と比べて多いとか少ないとか心配するものです。しかし、発育値は最良を示しているものではありません。だいたいの目安になっているので心配なさらないでください。赤ちゃんは、一人一人違っているので、そのことを理解してください。赤ちゃんの発育の状態でも知恵のつきかたでも、標準に比べれば幅があるりますので覚えておいてください。育児は型にはめることではありませんが、異常は早く発見してあげてください。あとは、普段は、赤ちゃんとすごし、ゆったりとした気持ちで育てていきましょう。

育児は平均値できまりません。

赤ちゃんのときは、まず体重が気になります。発育値と比べて多いとか少ないとか心配するものです。しかし、発育値は最良を示しているものではありません。これはだいたいの目安になっております。赤ちゃんは一人一人違っています。赤ちゃんの発育の状態でも知恵のつきかたでも、標準に比べれば幅があるということを頭にいれておきましょう。育児は型にはめることではありません。異常は早く発見しなければいけませんが、普段はゆっくりした気持ちで育てていきましょう。

転落事故

高所から落ちて怪我をしたときは、生命の危険をともなう場合が少なくありません。とくに頭部を強く打った場合は、脳の損傷を、全身を強く打った時は、内臓の損傷をおこすことがあります。

 

●尻もちをついた形で落ちた場合:背骨の骨折をおこすことがあります。腰や背中をさほど強く打っていないのに、痛みがあるときは、胸椎と腰椎の境めの背骨の圧迫骨折のことがあります。

 

●足から落ちた場合:高いところから飛び降りた時、地面の状態が予想と違っていたり、やむをえず飛び降りた場合など、予想外に強い力が足にかかることがあります。このようなときに、かかとの骨の骨折がおこります。